東京府立第五中学校 1918〜1949 東京都立小石川高等学校 1947〜2011 東京都立小石川中等教育学校 2006〜 名簿管理システム プライバシーポリシー サイトマップ





 

『みんなの百年』 の後書きにかえて
本編には後書きを設けなかったため、それに代わるものとして掲載していただきました。
部会長 伊藤英人(051F)
■ 企画の経緯
今回、私が「みんなの百年」編集に踏み切ったのは、歴史的な価値を中心に置く従来の重厚な記述型年史では、せっかくつくっても今の時代にあっては読まれないのではないか、という懸念からでした。
記述型ではどうしても、大事件や有名な卒業生ばかりがクローズアップされるため、平和だった世代、目立たなかった人たち、若い世代などがフレームアウトしがちで、公平とはいえません。
卒業生一人一人の中に、それぞれの母校があるのですから、それをなんとか表現できないものか、と考えて生まれたアイデアが、全世代が制作に携わる、手にとりやすい参加型百年史です。
みんなにとっての、みんなの五中小石川。それを100年積み重ねて、『みんなの百年』となりました。
■ 参加型企画のねらい
同校卒業生であっても、自分に関係がなければ年史に興味がわきません。でも、自分の同級生や担任が載っていたとしたら、懐かしい気持ちになり、読みたくなるのではないでしょうか。ページを開いていけば、同世代の考え、現役生の活躍、上の世代の学校生活など、興味深い記述の数々に自然と関心が広がっていくと思います。
ゆくゆくは同窓会活動への参加、協力を通じて、同窓生みんなで盛り上がっていきたいと思います。
■ わかりやすいページ構成
本の構成を単純化し、「1年につき見開き2ページ × 100年」としたことで、時代の流れをつかみやすくなり、かつ、好きなページから読めるようになりました。
■ 「小石川らしい」ページの集合体
見開きの右ページは、企画段階から各卒業年の担当者におまかせしました。さすが小石川生、バリエーション豊かで、示唆に富む、豪華な原稿が集まりました。読み物としてもおもしろいだけでなく、本企画でなければ集めることが困難だった、当時の現場の声もありました。時代の影響を受けた学生時代を過ごし、その後もさまざまな苦難を「立志・開拓・創作」の精神で乗り越えてきた先輩方の生の声は、説得力があり、心に響きます。
こうした声を集めて形にできたことこそ、本企画の真の価値であると思えてなりません。ページに収まりきらない、一言でいうと「小石川らしい」卒業生たちの個性と多様性が存分に感じられます。ただし、覚悟はしていましたが、編集作業は大変でした!
■ 総目次
本編よりも詳しい「総目次」を作りましたので、ご覧下さい。
■ 紫友同窓会にご支援を!(寄付のお願い)
百年史編纂委員会最年少の若造による若気の至りに予算を充て、刊行が遅れに遅れても粘り強く支えていただいた我が同窓会なくしては、貴重な原稿の数々はお蔵入りでした。
教育界で注目を集めている小石川中等教育学校をさらに盛り上げるため、ぜひ、寄付という形でのサポートをお願いいたします!
また、「小石川の杜プロジェクト」や「備品や楽器の貸与」など、紫友同窓会では現役生との交流を積極的に進めており、若い世代、そしてベテラン世代のますますの参画もお願いいたします。
■ みんなの百年の入手方法
みんなの百年を含む三部作(同窓会制作の「百年の系譜」、学校制作の「百年史(略称:学校正史)」)と野老朝雄さん(040E)デザインのオリジナルマグネットは、2021年3月末までに寄付金額の累積が2万円以上になる方に進呈されます。
寄付の方法は 以下に続く 「ご寄付の方法」 をご覧下さい。 また、ご自分の現在の寄付金額を確認なさりたい場合には、紫友同窓会事務局まで、メールでお問い合わせください。
    shiyukai@msj.biglobe.ne.jp
■ 謝辞
最後になりましたが、「みんなの百年」制作にご協力いただいた皆様、心より感謝申し上げます。
「みん百」が皆様の思い出の「1ページ」となり、さらに未来、次の百年に向かって開かれ、繋がっていくことを願ってやみません。

 ■ ご寄付の方法
 一口 一万円 を基本とします。
紫友みらい基金では資金の使途を指定できます。 
ご希望に応じた事業に充てさせていただきますので、下記の4つの指定口からお選び下さい。
教育支援口 : @の教育支援を応援する受入口です。 指定番号1
交流活動口 : Aの交流活動を応援する受入口です。 指定番号2
環境企画口 : Bの小石川の杜を応援する受入口。 指定番号3
一 般 口  : 特定の受入口の指定のないものです。
特に指定のない場合は「一般口」として扱わせていただきます。
なお、同窓会の年度会費を差し引いた額が百周年寄付金となりますので,一口の場合は会費二千円と併せて,12,000円をご送付下さい。
※ これまでのケースで、ちょうど一万円をご送付下さった方がたくさんおいででした。 寄付金額は八千円の扱いとなってしまい、会報でのお名前の掲載時に、一万円以上の欄に載らないことになってしまいました。
 ■ 振 込 先 :
みずほ銀行 駒込支店 普通預金
  口座番号 : 0629241
  名義人 : シユウドウソウカイ
振込人名の前に「卒年とクラス」、後に「指定口番号」を付けてください。
    例 : 030Aシユウタロウ-3
郵便振替 - 1 (赤い線で印刷された振替用紙)
会報に同封しました振替用紙をお持ちの方は、郵便局で手数料無料でお使いいただけます。
銀行振込と同じく、年度会費二千円を併せてお振り込み下さい。
通信欄に、必ず 「卒年とクラス指定口番号」を明記してください。
郵便振替 - 2 (青色)
  郵便局備え付けの振替用紙でお振り込みいただく場合
  口座番号 : 00110 - 2 - 11869
  加入者名 : 紫友同窓会
通信欄に、必ず「卒年とクラス指定口番号」を明記してください。 振込手数料はご負担いただきますが、窓口よりも ATMの方が安くなります。
特に指定のない場合は「一般口」として扱わせていただきます。
 ■ 募金による特典
これまでにいただいた、「百周年寄付」も含む最終累積金額をもとに、以下の「特典」を贈呈致します。
二万円以上の方には 『百年史』 (百年の系譜、みんなの百年、学校正史の3冊) に加えて、東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムをデザインされた野老朝雄さん(040E)デザインの「パターンマグネット(特別バージョン)」を贈呈致します。
ただし、それぞれの在庫が無くなった場合には、一部あるいはすべてを終了させていただきます。
五万円以上の方には、さらに 『紫友オリジナルストール』 を進呈いたします。 在庫はあと 60個です。
三十万円以上の方は、お名前の銘板を作成して掲示いたします。
※ 紫友同窓会 および (一般財団法人)紫友会への寄付は、寄付金控除の対象とはなりませんのでご了承下さい。
 ■ 募金期間
2019年 6月 〜 2029年 5月
期間内には 何度でもご寄付いただけます。ただし前項の「特典」は、2021年3月末までの累積金額をもとに贈呈致します。
 ■ 募金者名の掲載
会報での募金要項でもご案内しておりますが、募金者のご芳名は、会報などで同窓会内で紹介させていただきます。
匿名の募金を御希望の方は、その旨を送金の際の郵貯振替用紙に明記してください。 銀行振込の場合はお手数ですが、個別に、同窓会事務局にその旨をご連絡いただきますよう、お願いいたします。












組見本

右ページが 各学年の担当

トップページに 戻る

Copyright Shiyu Alumni Association. All Rights Reserved